動きケア機能改善インストラクター養成講座について

こんにちは、パーソナルトレーナーの飯尾直尚です。

 

こちらでは「動きケア機能改善インストラクター」養成講座についてご案内させていただきます。

 

「動きケア」のメソッドをセルフエクササイズに集約したものになります。

動きケアとは?

どこかに不調や痛みがある、楽に身体が動かせない人は、下記の習慣(動き、姿勢)の中に身体に過度の負担がかかる「動き・姿勢のクセ」ができてしまっています。

 

◇すべての人に必要な動き・姿勢・習慣

 

①寝転がり姿勢(睡眠の習慣)

②坐り方(姿勢)【8つの床座り、椅座位】

③日常生活で必要な体位変換

・仰臥位から床座り

・床座りから立位

・椅座位から立位

④立ち方(姿勢)

⑤歩き方

⑥走り方

⑦階段の昇降

⑧呼吸

⑨思考

⑩食

 

これらの習慣(動き・姿勢)を元に戻すメソッドが「動きケア」になります。

動きケア機能改善インストラクターとは

動きケアのノウハウから主に

 

②坐り方(8つの床坐り&椅座位)

③日常生活で必要な体位変換

④立ち方(姿勢)

⑤階段の昇降

 

の改善・習得を中心にまとめたものになります。

 

痛みの根本である上記の身体の動かし方をセルフエクササイズで改善する事ができるので、グループレッスン指導者には特におすすめです。

 

「動きケア機能改善インストラクター養成講座」対象者

・パーソナルトレーナーとしてセルフエクササイズ指導の引き出しを増やしたい方

・実費診療に移行されたい治療家の方

・フリーランスとしてあらゆる悩みに対応できるトレーナー・治療家として活動されたい方

・インストラクターから新たなスキル・引き出しを習得し、パーソナルトレーナーに転身したい方

・自身の身体のケアが出来るようになりたい方

このような方は本講座の受講をお断りしております。

・とりあえず何となく良さそうと思った方
(ご希望の方は無料カウンセリングで内容をしっかりお伝えさせて頂きます)
・ご自身のノウハウの方がスゴイことを証明することが目的の方
・すでにすべての指導・施術ができて活躍されている方

 

カリキュラム内容

全3回(1回7時間)

 

日常動作の身体の動かし方・習慣が身体の痛みの源であると考え、セルフエクササイズで偏りのある身体の動かし方を本来あるべき状態にしていきます。

 

例えば「椅子からの立ち上がり」「階段の上り下り」などで身体のどこかに過度の負担がかかるような動き方が習慣化している人は、1日に何回も身体に負担のかかるような動きのクセを身に付けていることになります。

 

過度に負担のかかる動きのクセがついている人は、いくら施術を受けても、この偏った日常の身体の動かし方を見直さない限り身体の調子を根本的に改善していくことは難しいと考えます。

 

逆に偏りのない身体の動かし方を習慣にしていけば、慢性的な身体の悩み(腰痛、膝痛、股関節痛、肩こりetc)を自分の力で根本から改善していく事が可能です。

 

当講座でご紹介するセルフエクササイズで本来あるべき偏りのない身体の動かし方を身につけて自分の体をセルフマネジメントできる力を養っていきます。

 

講座費用

全3回(1回7時間×3) ¥200,000(税込)

 

開催日時

日程調整中

 

スクールのお問い合わせ・無料カウンセリングはこちらから